メンテナンスなど節約効果で長持ちできる光

Pocket

もし今あなたの自宅の照明が白熱灯を使用しているのなら、蛍光灯に交換する事をお勧めします。

白熱灯は1こあたり100円前後で蛍光灯は1000円前後します。

白熱灯の方が安いと思って使用している人もいるかもしれません。

確かに一見安く見えるかもしれませんが、電気代がかかるという事を知っていますか?

同じ時間なら白熱灯の方が蛍光灯よりも年間で2000円高くなると言われています。

年間2000円なら大した事ないと思うかもしれませんが、それだけではありません。

寿命に関しては白熱灯が1000時間なのに対して蛍光灯は6000時間と6倍以上長持ちします。

つまりコスパで考えると蛍光灯の方が経済的だと言えるでしょう。

また節約について考えるのであれば、実は使っていない電気は小まめに消すという節約方法は逆効果です。

なぜかというと蛍光灯はあまり頻繁に電気を付けたり消したりを繰り返すとかえって消耗してしまうのです。

そのため長時間つけっぱなしの方が節約効果があったりします。

特にコンビニの蛍光灯などは24時間つけっぱなしである事を考慮し、24時間つけっぱなしにする方がお得な蛍光灯を使用する事で経費削減につながるでしょう。

また電気が暗いなと思ったら、蛍光灯のホコリを拭いてあげましょう。

天井高くについている蛍光灯だと日頃の掃除ではなかなか綺麗に出来ませんが、大掃除の際に家じゅうの蛍光灯を全て綺麗にしてあげましょう。

それだけで明るさが全然違ってきます。

ちょっとした事ですが、蛍光灯に変えるだけで、節約効果でお得になります。

そんなコツコツと努力する事で、貯金は着々と増えていくものです。

Pocket