白っぽい光りか?暖かいオレンジの光か?

Pocket

蛍光灯は明るい白っぽい光りで、他人行儀なイメージ。

そして白熱灯はオレンジの光で暖かいイメージ、そんなふうに感じる人も多いのではないでしょうか?

しかし現在アメリカではすでに白熱灯の製造は行われていません。

次世代電気としてLEDライトが主流になっていくでしょう。

白熱灯は寿命が短く、また電気代もかかってしまいます。

そしてCO2を排出してしまうので、自然環境面など、蛍光灯の方がメリットが多く、白熱灯より需要があるのが現状です。

いくら温かそうと言っても、それだけでは選ばれなくなり、やがて日本でもアメリカ同様なくなってしまうでしょう。

ただ、白熱灯のメリットを蛍光灯で残そうという動きもあります。

それは白熱灯のような蛍光灯です。

どうゆう事?と思うかもしれませんが、蛍光灯ですが、光が温かい明るさになるように作られた蛍光灯です。

もちろん蛍光灯ですから、蛍光灯のメリットはそのまま残されています。

つまり白熱灯と蛍光灯のいいとこどりをした蛍光灯だと言えるでしょう。

今後白熱灯好きな人がこの蛍光灯を使用するようになるのかもしれませんね。

世界の全ての電気が白熱灯ではなく、LEDライトの蛍光灯になれば、電気代は大幅に削減され、CO2の排出量も大幅に削減されます。

それは経済的にも自然にもとても優しい蛍光灯だと言えるでしょう。

あと、目にも優しい光なので、パソコンを長時間利用しても目が疲れにくいなどのメリットもあります。

あなたも今使用している白熱灯の電気の寿命がきたら、それを機にLEDライトに買いかえてみてはどうでしょうか?

Pocket